初心者英会話

【AEON】イーオン実体験・感想!半年でどのぐらい上達したか ペラペラになるまでの期間は?ラウンドアップレッスンがおすすめな理由

投稿日:

アラサー女子(?)が一念発起して通い始めた英会話教室「イーオン」。趣味(+特技)は少しでも脳の若いうちに身につけておきたいものです。通うまでに至った経緯やお試しレッスンの様子は、以前記事に書かせてもらいましたので、もしよかったらそれも合わせて読んでもらえると嬉しいです!以前の記事はこちら→https://towa-jyoshi.com/aeon-otameshi-lesson-kansou-levew-hyouban-level-nanido/  さて、月日の流れるものは早いもので、通い始めて半年が経ちました。正直、学生生活が終わってからここまで記憶に頭を使うのは初の体験でした。なんだか年齢まで学生に戻ったようでしたw 一体この半年間でアラサー女子の英語力はどれほど上達したのか!?肝心な英語は話せるようになったのか?レポートします!(ちなみに私が一番多く受けたものは一番人気のクラス、ラウンドアップレッスンです。グループも2ヶ月体験。)

英会話イーオンに半年通ってみた実体験と感想!丸暗記は不要だった…!

高校卒業後、ゆうに10年は超えたタイミングで勇気を振り絞り習い始めたAEON(イーオン)。完全に石原さとみ効果で入学した典型的なミーハー人間です。6ヶ月(半年)ラウンドアップレッスンを受けた感想を一言でまとめると…【嫌でも強制的に少しは話せるようになる】ですかね。一言じゃないですがww 私の英語学習は10年のブランクがあったので、基礎知識以外はほぼ素人と言ってもいい状態だったんですが。。言われた通りに予習をしてレッスンを受ければ、レッスンの中で何度も聞いたり話したりするサイクルがあるので、自然に口から出る練習になります。そしてその次回のレッスンで前回のレッスンの表現を使ったりすると記憶力がどんどん定着します。学生時代の英語の辛〜〜い丸暗記の努力をしなくてもよかったことが驚きでした。ただの丸暗記よりも口に出して、自分で新しい表現を使って文章を作ったり、それを生徒間で話したりすることで丸暗記よりも長く記憶が定着するんだな、と感心しました。
また、日常生活の中で、自分の発した言葉を英語にさっと置き換えたらどう言うかを考えたり、知らない言い方を自らネットで調べてノートに書き留めておいたり。。。もはや英語を勉強することが趣味に変わりましたね。「もっともっと知りたい!使いたい!」欲が高くなってきます。言葉は無限にあります。私たち日本人はネイティブな日本語を話しますけど、それでもまだまだ知らない言葉・漢字が無限にあります。言語という分野をマスターすることは一生ではとてもできないから、だから一生続けられる趣味にもなるのかな、と感じています。

スポンサーリンク

AEON(イーオン)半年でどれだけ英語を話せるように上達したのか?外国で話せる?

半年通ってみた結果、【当たり障りのない日常会話レベルだったらよほど難しい言葉・表現を使われない限りやり過ごせるレベル】まで上達しました!!あくまでソースは学力超平均人間のワタシですが。この“当たり障りのない・やり過ごせる”ってところがポイント。まだまだウィットに富んだ冗談なんか言えないし、言葉や表現も全然知らないし、瞬時に言いたいことが頭の中で英語に置き換わらないから、会話の中で妙な間ができてしまいますので…。しかし会話で表現がパッと出てこなくても、後で一人で考えたら正しい言い方がわかるようになったって言うのは大きな上達ポイントだと思っています!
なので、英語を習い始めた最初の頃みたいに外人に話しかけられただけでオロオロもしなくなり(体験レッスンのレベル分けテストで外人と話してオロオロしまくった筆者の様子はこちらの記事でどうぞ→https://towa-jyoshi.com/aeon-otameshi-lesson-kansou-levew-hyouban-level-nanido/ )むしろ、どれだけ聞き取れるかな!?話しかけて来ないかな!?なんて楽しみにしてしまっている自分がいます笑  聞き取れなかった時の切り返し方を知ったと言うのも大きいと思いますがねw(例えば、more slowly please とか sorry, I don’t  know your word of a while ago 的な)
でも、正直、英会話教室に通ったらもっと早い段階で英語がペラペラ喋れるようになると思っていたけど、自分の知能指数が爆発的に良くならない限り、そんな訳ありませんww 全然上達しなくて、周りと比べて落ち込んだりすることもありましたけど、そしてこれからも何回もそんなことはあると思いますけど、英語のたくさんの言葉を自分のものにするには、コツコツやっていくしかないと思いました。私はズルい性格なので、「お得」とか「時短」とか「まとめて」が大好きなのですが、言語学習は真逆なんですよね、一気に覚えたものは一気に消える。テストで高得点取るだけの勉強だったらそれでいいんですが、話せるようになると言うのは別物なんですよね。繰り返し繰り返し使って言って、確実に“自分の言葉”に変えていくしかないんだなぁと思っています。徐々に“自分の言葉”のストックが増えてきて、その過程をようやく楽しめてきた頃です。

授業料はいくらかかる?高くてもラウンドアップレッスンをお勧めする理由

AEONの2大人気である、ラウンドアップレッスンとグループレッスンの1レッスンあたりの値段は以下になります。
○ラウンドアップレッスン…1レッスンあたり 6,732円(週2で1ヶ月あたり 43,740円)
○グループレッスン…1レッスンあたり 2,886円(週2で1ヶ月あたり 22,176円)
(週2にするか週1にするかは選べますが、週1にすると単純に半額になります)
なんと、グループレッスンよりラウンドアップレッスンの方が約2.3倍料金が高いのです。ラウンドアップレッスンの週2で1ヶ月あたり 43,740円という値段は、もう一人暮らしの家賃並みの料金の高さです。ここまでかけれれば絶対にレッスンを無駄なものにしたくないですよね。ラウンドアップレッスンの特徴とグループレッスンの特徴は以下になります。

ラウンドアップレッスンとは・・・
・1クラス5名定員
・レッスンスタート10分前までお振替可能
・レッスンごとに使う文法が決まっている
(例:willとbe going toなど)
・構文力が身につく
・正確性がアップする
(細かいミスもしっかり直します!)

グループレッスンとは・・・
・1クラス8名定員
・前日までお振替が可能
・レッスンごとに場面が決まっている
(例:カフェ、オフィスなど)
・すぐに使えるフレーズがたくさん学べる
・とにかく実戦!とにかく話す!
(細かいミスは直しません!)

2つのレッスンを受けた感想としては、英語初心者はラウンドアップレッスンをお勧めします。やはり文法をしっかりしないと会話できないと思うからです。グループレッスンは会話中心なのに?と思いますが、それは言い換えると「すぐに使えるフレーズを丸暗記する」といった印象がありました。つまり、決まりきった言葉しか言えなくなります。それじゃあ会話って言わないですよね?反して、ラウンドアップレッスンのような文法・構文を知ると【英語のカン】みたいのが育ってきて、どんどん吸収力が良くなると言うか…。文を丸覚え、ではできないような【文を組み立てる能力】ができると言うか。これができてくるとどんどん英語が楽しくなるからです。
それに、レッスン受講人数も重要なポイント。人数が多いとどうしてもシャイな日本人の悪いところが出やすいんですよ。大勢の前で話してもし間違えたら恥ずかしいだとか、気軽に発言できないだとか。レッスン中に先生が何度か話しかけてくるタイミングがあるのですが、日本人あるあるで、名前を指定して当てられないとみんなシーーーン…ってなっちゃうんです。せっかく堂々と英会話できるタイミングなのにもったいない!学校のクラスのように、発言する人はいつも決まってくるんです。8名のクラスだったら1、2名だけが発言していることが多いと思います。陽キャのトップみたいな一部の人じゃなきゃ、【学校での受け身の授業感】から抜け出せなくて、せっかくの英会話レッスンなのにもったいなく感じます。話さなきゃ、絶対に話せるようにならないからですね。
それに反し、ラウンドアップレッスンは最大で5名。筆者が行っている時間は幸いにも3、4人だったことがほとんどで、これぐらいの人数だったら恥ずかしくなる発言できるのです。これ、なんとなく感覚でわかりませんか?
また、生徒の平均年齢は気にしてちゃいけません。女性は結構気にする人多いみたいですが。私の行っているクラスは中高、大学生が多く、日によってはかなり浮いてる時もありますが、そんなのは気にしない!生徒同士で仲良くなりにきてる訳じゃなくて、英語を取得しに来てる場なのですから。
ホントのことを言うと一番いいのはみっちり話せるプライベートレッスンだと思っていますが、それは現実問題お金持ちしか難しいわけで。。。以上の理由から私はラウンドアップレッスンをお勧めします!

スポンサーリンク

イーオンは英語学習のモチベーションが嫌でも保たれるのがメリット

正直、最初の方よりも家での予習復習時間は減ったし、習った熟語や構文はノートに書き撮りして暗記しようという努力をしていたけど、最近ではそれもサボり気味ではあります。それでも最低限の予習は絶対しないとレッスンが成り立ちません。高い金額を払っているし、予約を取ってある日があるんだから絶対に行かなければならない、行って恥かかないためには予習をきちんとして行かなければならないのです。ヤル気やモチベーションがないときだって強制的に勉強できるシステムってところが最大のメリットかなって思います。
イーオンに限らず、どこの英会話教室でもそうですが、行くだけで話せるようになるというのはどこか他人任せで上達は薄いように思います。そのためには、レッスン前の予習がすごーく重要。逆に言えばレッスン前の予習をしなくなったら、英会話教室はやめ時だということです。
さて、今の目標は人生初一人で英語圏の海外旅行!それができるまで、イーオンで半強制的にモチベーションを保たされながら(笑)頑張ろうと思います!

以上、イーオン暦半年のアラサーの語りでした♪

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています

-初心者英会話
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【〜したい】お願いするときは英語でwant to!英会話での使い方例文と文法!英語初心者女子の超簡単文法/翻訳

こんにちは。英語圏に旅行で行ってものすごくよく使う表現と言えば、何より自分が何したいのか、お願いを伝える「want to」ではないでしょうか?初心者でも簡単に使えちゃう表現です。あの有名な観光スポット …

【しなければならない】英語で必要性をネイティブ風に使い分け!翻訳のnecessaryを安易に使うな 英会話初心者女子

have to、should…必要性を表す表現はたくさん似た表現がありますが、上手く使い分けていますか?英語初心者でもこれだけは抑えておきたいポイントをまとめてみました。 ★目次★1 しなければならな …

英語の比較級・最上級の使い分けが難しい?初心者簡単にまとめ!【er/est】【more/most モア モスト】副詞・形容詞の違い

初心者英会話にとって、簡単でありながら深くまで突き詰めると難しいのが比較級・最上級。比較級は「〜よりも」最上級は「〜で一番」ということでしたね。例えば比較級だとmoreを使うのかそれとも語句にerをつ …

スポンサーリンク

スポンサーリンク

★記事カテゴリ★