初心者英会話

英語の比較級・最上級の使い分けが難しい?初心者簡単にまとめ!【er/est】【more/most モア モスト】副詞・形容詞の違い

投稿日:

初心者英会話にとって、簡単でありながら深くまで突き詰めると難しいのが比較級・最上級。比較級は「〜よりも」最上級は「〜で一番」ということでしたね。例えば比較級だとmoreを使うのかそれとも語句にerをつけるのか、分かりにくかったりしませんか?なんだかんだちょっとしたルールがあるので簡単にまとめてみることにしました。

スポンサーリンク

副詞での比較級・最上級を簡単に使う!モアモストは-lyと3音節以上!

副詞といえば、程度や状態を表す語句でしたね。形容詞は名詞を修飾しますが、副詞は形容詞や動詞、他の副詞を修飾します。例えば、「とても かわいい 女の子」だったら、「とても」が副詞、「かわいい」が形容詞です。

-lyで終わらない副詞

文の最後が-lyで終わらない副詞の比較級・最上級はほとんどの場合、最後に「-er / -est」を使います。例えば、以下が例です。

副詞 – 比較級 – 最上級
loud – louder – loudest
fast – faster- fastest
well – better – best(形が違うパターン)

<比較級の例文>
比較級の文は一般的に、than(よりも)を副詞の後につけます。

  • あなたは彼よりも声が大きい → You talk louder than him.
  • 彼は彼女よりも速く走ります → He runs faster than she does.
  • このスクーターはあのスクーターよりもゆっくり行きます → The scooter goes slower than that scooter.

<最上級の例文>
最上級の「est」は、直前にtheをつけることに注意してください!

  • 彼は全生徒の中で一番踊るのが上手ではありません → He dances the worst out of all the student.
  • 彼はクラスみんなの中で一番歌が上手です → He sings the best out of everybody in the class.

-lyで終わる副詞の場合

副詞というのは変なもので、形容詞に「-ly」をつければ副詞に返信できたりするので、-lyで終わる副詞もたくさんあります。(実際会話では-lyで終わる副詞の比較級や最上級はあまり使われませんが、覚えておきましょう。)
-lyで終わるものは通常、3音節以上(ちょっと長めの単語って覚えてればだいたい合ってるw)と同様、比較級と最上級はmore/mostをつけます。

副詞 – 比較級 – 最上級
carefully – more carefully – the most carefully.
beautifully – more beautifully – the most beautifully.

スポンサーリンク

形容詞での比較級・最上級を簡単に使う!モアモストは-yで終わるものには使わない

名詞を修飾する形容詞でも、基本的に使い方は一緒です。ルールは簡単!

  • 1音節の場合 → -erや-estを使います。(例:cute – cuter – cutest)
  • 2音節の場合 → -yで終わるものは-er/-estを使います。それ意外は全てmore/mostを使います。

注意すべきは副詞の場合-lyで終わるものはmore/mostを使うのに対し、形容詞の-yで終わるものはer/estを使うってこと。ここがややこしくなる原因なんですね!(例:health – healthir – healthiest ※healthはmore/mostと合わせて使ってもOK。これがまたややこしくなる原因)また、3音節以上の場合ももちろんmoreやmostを使います。形容詞ではmoreやmostを使うパターンが多いってことです。
さらに、不規則な変化をする形容詞もたくさんあるので、ここはもう暗記するしかないですね。有名なものだと、以下です。
副詞 – 比較級 – 最上級
good – better – best
bad – worse – worst
far(遠い) – farther – farthest

<比較級の例文>

  • 新しいモデルはこれよりもうちょっと役に立ちます → The new model is a bit more useful than this one.(moreを使った例)
  • 彼は同僚よりもイケメンです → He is much cooler than his co-workers.(erを使った例)

<最上級の例文>

  • 彼は日本で一番の歌手です → He is the beat singer in Japan.
  • それは一番安い携帯電話です → It’s the cheapest cellphone.(-estを使った例)
  • それは一番便利な携帯電話です → It’s the most convenient cellphone.(mostを使った例)
  • 彼女は私の一番年下の妹です → She is my youngest sister.(theの変わりに代名詞であるmyを使うことも◎)

いかがでした?わかりやすいようでわかりにくかったですかね?笑
まぁ頑張って法則を覚えても会話の中で考えて詰まってしまいますよね。日常会話で使って慣れていくのが一番上達する方法かもしれません。
それでは今日はこのへんでー!

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています

-初心者英会話
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【しなければならない】英語で必要性をネイティブ風に使い分け!翻訳のnecessaryを安易に使うな 英会話初心者女子

have to、should…必要性を表す表現はたくさん似た表現がありますが、上手く使い分けていますか?英語初心者でもこれだけは抑えておきたいポイントをまとめてみました。 ★目次★1 しなければならな …

【〜したい】お願いするときは英語でwant to!英会話での使い方例文と文法!英語初心者女子の超簡単文法/翻訳

こんにちは。英語圏に旅行で行ってものすごくよく使う表現と言えば、何より自分が何したいのか、お願いを伝える「want to」ではないでしょうか?初心者でも簡単に使えちゃう表現です。あの有名な観光スポット …

スポンサーリンク

スポンサーリンク

★記事カテゴリ★